« 2012年5月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

break down


初めに…
初音ミクの新曲を期待していた方には大変申し訳ございません。
今回はギターによるインストロメンタルです。
実は「新曲」ではありません。私にとっては付き合いの長い曲です。
まだ学生だった頃に作った曲のオリジナルテイクです。もともとアップする予定はなかったのですが、自分の撮影した写真を整理していたら雰囲気の良い写真をみつけたので合わせてアップすることにしました。20世紀の録音です。当時はカセットテープに録音していたので音質がよくありませんがご了承ください。
この曲で初めて「人間の心情」みたいな物を表現したいと思いました。この曲より以前の曲作りは「疾走感」「ノリ」みたいなことを目指していたので音も華やかに使う傾向がありました。この曲では極力シンプルにいこうと思い、使用する楽器や音数も極力減らそうと心がけました。そして出来上がったのが微妙にダークな雰囲気のこの曲です。

すでに何年もたっていますが、
改めて録音当時にBOSS BE-5を貸していただいたM.N.さんに心より感謝いたします。
ありがとうございました。

また、この曲を最後まで聴いてくださった皆様、
ありがとうございました。

当時の機材

SQUIER STANDARD STRATOCASTER : guitar
BOSS BE-5 : guiter multiple effects
ROLAND D50 : synthesizer
YAMAHA RX17 : rhythm programmer
YAMAHA QX5 : squencer
YAMAHA R100 : digital reverb
KAWAI MX-8R : mixer
ROSS 4×4 : multitrack cassette recorder



-- Translation according almost to "exite"


I am sorry to people which expected Hatsune Miku's new song.
This song is not a new song for me, it is old music. I composed this music in school days, 20th century.Unfortunate,Sound quality is not so good,because it was recording to the cassette tape those days.
I wished to express a thing like "feelings" for the first time with this music.
It kept in mind to he will think that it relaxes simply as much as possible and also reduce the musical instrument and the  number of sound to be used as much as possible.I kept in mind simply as much as possible, when makingthis music,
and also reduce the musical instrument and the number of sound to be used as much as possible.
At the last ,
I am thankful to M.N. who had BOSS BE-5 lent to recording that time.

Thank you.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2013年6月 »